「20代のうちにしておきたい17のこと」を読んだ

本田健さんが書かれた「20代のうちにしておきたい17のこと」を読みました。
この本は本田さんの意見だけでなく、まわりにいる「経済的にも社会的にも成功して、いま幸せな人たち」に聞いてまわった「20代にしておけばよかったこと・後悔していること」を加えたそうです。

この本の冒頭にも描かれている通り、わたしは希望と絶望がいつも隣り合わせで、自分の背中にはブラックホールがある、そんな感じが常にしています。毎日頑張っていても、ちょっと油断すると飲み込まれてしまうんじゃないかという不安。感情に振り回される日々。

もっと自分という軸を固めたいと思い、この本を読みました。

20代のうちにしておきたい17のこと

1.人生最大の失敗をする

目を覆いたくなるような人生最大の失敗を恐れないで挑戦しよう

人生で早いうちに大きな失敗をすると、あとはプラス勘定になる。

すべてのものを受け入れられないのが20代

自分にイライラし、必要以上に反応してしまう自分がまた許せないという悪循環に陥ってしまう。「ダメな自分でもいいや」が魔法の言葉。自分にちょっと甘くしてあげられるくらいでないと幸せ感を味わえない。

目の前のワクワクすることをやってみることが大事

夢を行きられるかどうかの最初の一歩。

2.大好きなことを見つける

大好きなことを見つけるのは早いほうがいい

人生を楽しめる時間が長くなるそ、何年かたったとき「好きなこと」が変わる可能性がある。そして「心の磁石」が弱っていると引きつけられない。子供時代に大好きなことを見つけるヒントが眠っている。

「嫌いなことをやっていく人生」と「好きなことをやっていく人生」

シミュレーションしておく。何か後悔するとしたら何をいちばん後悔するか?

3.一流のものに触れる

「人生は自分が触れたものになる」

住環境も大事。リラックスできる部屋で生活し、わくわくするような仕事をもち、すばらしい人に囲まれていたら、未来は明るくなる。

「今つき合っている人が、あなたの未来を決める」

どんな人と出会うかでその後の人生は大きく変わる。人と出会うなかで自分はどんな人生にしたいのかを学び、選択する。

4.人生を100%楽しむ

幸せな人の特徴は「100%楽しんで生きている」

「楽しんで生きる」というのは、がんばっていたり、気合の入った状態ではない。目の前のことを心から純粋に楽しんでいる状態。100%楽しんでやるという癖をつけると、どんなことにも全力を出せるようになる。

努力することなくワクワクしながら最後までやりきる

「がんばって、やりきる」のではなく「楽しいから気がついたら張り切ってやっちゃった」という感覚。気軽にやっているうちにはまってしまったという感覚。

どんなときも絶対に手を抜かない

「見られている前提」で動く。必ず人柄や雰囲気に、生き方が表れる。

自分で積極的にチャンスをつくる

成功していく人の共通点「自発的にやる」。待っているだけでは仕事も成功への足がかりもやってこない。チャンスをつかめる人は誰が認めてくれなくても普段から地道な努力をしている。チャンスがきたときはすぐに前に飛び出せるような準備をしている。

5.死ぬほどの恋をする

恋をすることは「心の磁石」のチカラを弱らせない秘訣

人間が一生懸命になるのは誰かのことを本当に愛しているとき。「情熱を感じる」回路を弱めない。心がワクワクするという感覚は10年後も感じられるか保証はない。

恋はマーケティング

愛せる人に出会うには、理想の相手の行動パターンを予想し、そこへ赴く。自分の行動範囲を拡げる。

一緒にゼロから築いていける人を選ぶと人生は楽しくなる

自分はどんなタイプの人と一緒にいると楽しいのか・嬉しいのかを明確にする。「これがないとダメ」という条件は必要ない。自分が進みたい方向性、人生のノリが一緒の人を選んだほうが良い。

6.一生付き合える親友を見つける

親友の定義

今持っているものをすべて投げ出してもいいからその人のところに駆けつける、助ける、というようなことができるかどうか。また相手も同じように自分のことを思ってくれるのが「親友」。ギブアンドテイクの関係。一生付き合える親友を持つことは人生で一番大切なこと。人生が豊かなものに変わる。

ライバルを持つ=常に励まし合う仲間を持つ

自分を高めてくれる「ライバル」を持つ。自分がくじけそうになっても、相手のことを考えるともう一息がんばれる、そんな存在があると自分のチカラ以上の力を発揮できる。適度な競争は人生のスパイス。勝った負けたの関係でなく磨き合う仲間としての「ライバル」を持とう。ライバルを持つと自分自身に厳しくなる。

7.両親と和解する.

両親と和解できていないと人生で安心感を持つことができない

父親と和解できていると、キャリアを積んだり人生で何か挑戦しようというときに感情的な抵抗が少なくなる。母親と和解できていると、いまの自分を受け入れることが楽になる。創造性を育んだり、人生を楽しむことが自然にできるようになる。

8.自分のルーツを知る

進むべき道を自身を持って歩んでいける

自分の家族の周辺を調べていくと自分のルーツ・才能と関係していることに気がつく。プラスとマイナスを理解することで初めて自分のやるべきことが見えてくる。

生まれた目的を探すのにつながる

生まれた目的というは、探すというより、ある瞬間に理解すること。「ああ、自分はこのために生まれてきたんだ」という気付きが腑に落ちるというような感覚

生まれた目的が明確になると自分のビジョンに自信がもてる

人生観が安定している人は、何が起きても影響を受けることがない。
「なぜ自分は生まれてきたのか」「この人生で何をやりたいのか」を知ることができれば「自分はこの分野でやっていくために生まれてきたのだ」という信念をもつことができる。
信念を持てば、批判や否定をされても気にならない。自分はもっと高いビジョンで生きているんだと自身が持てる。

ぶれないで生きるには、自分にどれだけ信念があるかどうか

どんな状況でも「自分にはコレが大事だ」と信念が持てることが人生を支えてくれる

9.才能のかたちを知る

才能は仕事に直結する

好き嫌いを感じそれをベースに大切なことを判断する。それが自分を幸せにするかどうかを決める。人の好みから、洋服、仕事の内容、食べ物、すべてにおいて好き嫌いを感じよう。そこからどういう人生を生きたいのか組み立てていこう。

自分の向き不向きは好き嫌いから探る

嫌いなものはやめたらいい。やってみて、「自分には向いていない」と思ったら、やめたほうがいい。

10.専門分野を持つ

専門分野とは「自分のウリ」

好きなこと、進みたい道は漠然とわかっても、それが自分の「専門分野」と言えるのか、自信が持てない人が多い。ここでいう「専門分野」とは、自分はこれだけはよく知っている、得意だということ、「これが自分の売りです」と言えるようなもの。それを知るために「これでいいのだろうか?」と考えずに面白そうだったらとにかく飛び込んでとことんやってみる。

幸せな人とは「自分は誰か?」ということをよくわかっている人

自分の持っている才能を一番いいかたちで輝かせている。自分が選んだ道を極めている人が幸せに豊かになる。

自分は何をして社会とのつながりを持つか

20代で決めなくてはいけないこと。自分が貢献したものがそのまま自分の人生に返ってくる。

社会の仕組みを知る

人は外見で判断できない。世の中のお金の流れはどうなっているのか、どうやったらお金の流れを生み出せるのかを知ること。

11.メンターを探す

メンターとは、「人生を導いてくれる先生」

ビジネスについて・人間としてどう行きたらいいか、折に触れて指導したりアドバイスをくれる存在。自分の人生がよりよくなるサポートをしてくれる人。人生は、メンターの質によって決まるといっても過言ではない。

メンターの探し方

社会的地位やお金、雰囲気に惑わされるな。どれだけ身近な人を大切にして、まわりから大事にされているか。自分が憧れ、幸せでかつ成功しているメンターがベスト。

12.人生が変わる本と出合う

20代の読書の仕方で人生が決まる

人生を変えるきっかけは「肉親や自分の病気」「身近な人の死」「リストラ」など。本を読むことで人に出会うことの疑似体験ができる。とにかく自分の栄養になりそうなものを読んでいくこと。ということでわたしの読みたいと思った本をリストアップしてみた。

学びのプロセスに無駄なものはない

出会いは普段の生き方の反映。全ての体験が人生だから何が悪いというレッテル貼らないほうが楽しめる。20代は、不必要・無駄だと思うものにも出会って触れてみよう。そうしたらわかることがある。人に裏切られた痛みを体験すると人の信頼を何よりも大切にしようと考えるようになる。悲しいことも苦しいこともすべて無駄なことはない。

「正しい」か「間違い」かで考えないこと

本の場合も同じ。読んだら自分がそれを読んでどう感じたか、ということに意味がある。自分にとってどれだけインパクトがあったのか、なかったのか。それを記憶しておくこと、胸に刻みつけることが自分の生き方を見つける出会いになる。

13.質問力を鍛える

質問する力がそのまま人生をつくる

人生でもっとも大切なスキル。「なぜ私は◯◯ができないんだろう?」といったネガティブな質問をすると自分を精神的に打ちのめしてしまう。その質問をする時点でもう「自分はできない」ということが既成事実になってしまう。
幸せな成功者は「このピンチから学べることは?」「このピンチから出脱する方法は?」など、本人がワクワクして行動できる質問をする。

ピンチを脱出するための質問

「このピンチから脱出するために必要なことは?」
「誰に助けを求めたらいいだろう?」
「この状況で学ぶことは?」
「いまの人生に感謝できることは?」

人生を切り開く質問

「自分に天才性があるとしたらなに?」
「最高の人生を生きるとしたら?」
「自分の夢を実現するのに助けてくれる人は?」
「これからどんな奇跡が待っている?」

ピンチをチャンスに変える51の質問

ピンチをチャンスに変える51の質問

14.お金と時間の管理を学ぶ

消費と投資の割合

将来自分がやろうと思うことにつながることに使うお金や時間が「投資」。お金にしても時間にしても限られた「資産」。

知識と知恵に投資しよう

人生で大切なことは「知識と知恵」に対する投資。「知識」には社会のしくみ・法律・お金の流れ・心理学など。知識に経験が加わると「知恵」になる。
「知識」と「知恵」を生かしていくためには自分が何をしたいのか、誰としたいのか、どこでしたいのか、を明確にしなければならない。一番大切なのは「自分に何が必要なのか」を知る感性。

15.没頭できる趣味をもつ

お金に恵まれなくても毎日楽しくてしかたがないと感じる趣味を持っている人は、それだけで幸せな人。趣味は人生をより楽しい物にしてくれる。本業になる可能性だってある。

人生のチャンスをつかむスキル

資格や勉強をする際は、将来有利になるかではなく「面白いかどうか」で選ぶといい。誰かから誘われたらとにかくやってみよう。それがいつどういう形で役に立つのか今はわからなくても何年後かにはやっていてよかったと思うときがやってくる。

16.異文化に触れる旅に出る

自分が動いた範囲だけ意識が広がっていく。

海外に住むという経験を持つこと

チャンスがあれば海外にしばらく住んでみること。世界は日本だけじゃない、と感じることができる。違う文化とか違う国に住んでみると自分の望んでいるものが何なのかを知ることができる。そしてよりいまの生活に満足できるようになる。一度住んでみたいと感じるところがあれば、とりあえず行ってみよう。

17.運について学ぶ

運が良い人は、幸せ度・経済的自由度が高く、人間関係も上手にこなしている。逆に運の悪い人というのはストレスの多い生活を送っている。

運命と宿命

本人が生まれたときにある程度決まっているのが「宿命」、本人が変えられるのが「運命」。どう生かすかは自分次第。

人生を幸せに生きるために大切な3つのこと

①自分で変えられないものを受け入れる強さ
②変えられるものを変えていく勇気
③その違いを見分ける賢さ

目の前のできごとに一喜一憂しないこと

人生ではどうしても望んでいないことが起こる。どんな逆境であっても、人間性・情熱・努力でひっくり返すことは可能。その出来事が人生を決めるわけではない。自分の人生を決めるのは「その状況に対して、どう感じ・考え・行動するか」。

持つべき3つの運

①上から引っ張ってもらう運
②横から支えてもらう運
③下から持ちあげられる運

助けてもらうことで自分が本来持っている運やチカラが何倍にも大きく育っていく。年上に可愛がられ、仲間に応援され、下の人達があなたのためだったらと駆けつけてくれる…そんな人間になろう。この3つが揃って初めて「幸せに成功することができる」

直感を信じてチャンスをつかむ

人生にはアドバイスや雑音の中で、自分の声だけを聞いて、走り抜けなければならないときもある。そんなときは自分の直感を信じること。

読んでみて思ったこと

20代にしておくことは「人生をどう幸せに生きるのか」を考えながら基盤をつくること。自分にとっての幸せとは何なのかを明確にしていくこと。

「知識と知恵を身につけるために投資をし、自分の直感を信じて、ワクワクすることを100%楽しんでやる」
一言で言うとこういうことなのかな。

どんなに無謀なことだと思われても試してみる価値はある、そう思ったら挑戦してみよう。
どんな失敗も挽回できる。捨てるもの・失うものはまだ多くない。やってみて、全てを失っても、また始められる。人生は冒険だ。チャレンジすることを忘れないで。ワクワクすることをやっていこう。本当に自分が楽しいと思えることを。

「Stay hungry, Stary foolish!」

20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

こんな本も読みたい