シンプルな暮らしにする6つのことを意識してみる

シンプルな暮らしにする6つのこと

1.ミニマム・ライフコストを把握する

自分が生きていく上で最低いくら必要か?健康にまともに生きていくために最低限必要な収入のことを指す。

わたしの場合
  • 一人暮らし:約20万円
    • 家賃:7.5万円
    • 光熱費:1万円
    • 携帯代:1万円
    • 生活費:5万円
    • 交通費:1万円
    • 衣服費:2万円
    • 保険等:2万円
    • Wi-Fi:0.4万円
    • Hulu:0.1万円

計算してみると月20万円はないと厳しいことがわかった。フリーランスだから収入は不安定だ。でも、留学のための貯金もしたいしもったいないお金が多い気がする。ということで今検討している実家暮らしも考えてみる。

  • 実家暮らし:約13万円
    • 家賃:0円
    • 光熱費:0円
    • 携帯代:1万円
    • 生活費:5万円
    • 交通費:2.5万円
    • 衣服費:2万円
    • 保険等:2万円
    • Wi-Fi:0.4万円
    • Hulu:0.1万円

実家から都内に通うには少し遠いので交通費がかさむが、月7万円は浮くことがわかった。もうちょっと節約したら月10万円以内で生活できるのでは…?これは…。一刻も早く実家に暮らして貯金をしようと思った。

2.定期契約を解除する

いま定期契約しているものは携帯とPocketWi-Fi、Huluくらいだ。前者2つは仕事上解約できないし、Huluは自分の趣味である映画鑑賞・ドラマ鑑賞を充実してくれるものなので解約したくない!

3.キャッシュフローを理解する

収入と支出の関係・バランスを把握することで貯金できる額もわかる。

わたしの場合

収入:月30〜50万円
いつ仕事が途切れるかわからないけど、とりあえず今はこんなかんじ。月30万もらえたとして、実家ぐらしで10万円生活を送ると月20万円は貯金することができる。1年で200万円貯金も夢じゃない!?一刻も早く実家に暮らして貯金をしようと思った。(2回目)

4.バケット・リストを作成する

やりたいことを書き出し、スケジューリングし、何度も見返すことで本当にやりたいことを常に意識することができる。常に意識することでなにか購入する際も「投資」か「消費」を区別することができる。

わたしの場合

この記事を参考に別記事でリストアップしてみようと思います!

5.購入するときは「投資」を意識する

将来自分がやろうと思うことにつながることに使うお金や時間が「投資」。バケット・リストを作成した後、それを達成するための知識と知恵に投資していきたいと思う。

6.「No.1」だけ所持をする

服も文具も化粧品も。自分に取っての1番に出会えたら他は処分。そしてそれを越える1番に出会うまで下手に買物はしない。常にNo.1だけを所持する様に心がけるとなんでも新作に飛びつかなくなりますし、維持費も安い。

普段着・部屋着・フォーマルなどマイ・ベストの一着さえあればいい。まあまあの服は潔く処分し、心からワクワクする色・素材・シルエットを知ったうえで服を買う。自分の体型、顔つき、肌や瞳の色に合うものを選ぶ。

わたしの場合

自分でいうのもなんだけど、わたしは短足+大顔+大足。なのでTシャツ+ジーンズは着こなせない。ファストファッションを身につけると一気にダサくなる。テロテロとした素材が似合うらしい。そして女なのにLLサイズ・25cmという大足なので可愛い靴は滅多に見つからない。いつもはオリエンタルトラフィックにお世話になっているけど…安物買いの銭失いをしないためにも、一着一足にこだわって、靴も質が高いものを選んでいこうと思った。