PMDD(月経前不機嫌性障害)についてと改善方法

PMDDとは

PMSが起こる女性は、月経がある女性のうち約80%。
そのうちの5%がPMDD(月経前不機嫌性障害)という、さらに重篤な症状の現れやすい病気を抱えている。

PMSPMDDの違い

PMDDの主な症状

■身体的症状/下腹部痛・腰痛・頭痛・めまい・吐き気など
■精神的症状/イライラ・憂鬱・集中力の低下・記憶力の低下・孤独感・不安感

特にイライラ・憂鬱感などの精神的症状が強い

基本的にPMSと同じだが、PMDDは特にイライラ・憂鬱感などの精神的症状が強い。
時には周囲の人との関係が崩壊してしまうようなトラブルに発展。さらに重篤な場合は自殺を考えたりしてしまうといった深刻な症状があらわれる。

症状はPMSと同じように月経前~月経前半の一定時期にしか現れない。月経が落ち着くころには症状もすっかりなくなって、本人がもともと持っている明るさや活発さを取り戻す。

しかし、日常生活に致命的な影響を与えてしまうほどの精神的なトラブルが起こりうるので、PMDDかな?と感じたら積極的に病院にかかって、きちんとした治療を受けることをお勧めします。

PMDDに効果的な治療法

症状によっては抗不安薬抗うつ剤などの薬を併用。精神的な症状が強く現れるPMDDでは、イライラや憂鬱を緩和するために、血糖値を一定に保つようにすることも効果的、

玄米・おそば・全粒分のパンなど、穏やかに血糖値を上げる作用のある食べ物を、2~3時間置きに少量ずつ取るのが良い。

PMSPMDDとの付き合い方

「仕事を辞めたい」は、考えなおす

PMS期間は心も体も調子が悪く、その影響でストレスにも弱くなっている。少し嫌なことを言われたり、仕事がうまくいかなかっただけで、「こんな仕事を続けている意味があるのかな」と考えたりする。そして発作的に仕事を辞めてしまいたくなる、ということが多い。

しかし、このようにどんどんマイナスの考え方になってしまうのは、ひとえにPMSのせいです。人間誰しも体調が悪ければ、少しのことで落ち込んでしまいますし、何もかも投げ出したくなることだってあるでしょう。たまたまバイオリズムの下がっているときに勢いで仕事を辞めてしまっては、後で必ず後悔します。


PMS期間に仕事がイヤになってしまっても、なるべくなら早急に事を進めようとせず、生理が終わった後の調子がいい時期に改めてそのことについて考えてみるようにしましょう。