ARTIST'S WAY:第2週

今週の目標

心の扉を開ける、アイデンティティを取り戻す

創造的な活動をする時間

創造性が回復してきたら守るために「創造的な活動をする時間」を確保することが大切。
「他にもっとやるべきことがあるはずだ」と考えてしまうが、それでは自分が育たない&欲求不満になってしまう。

暗黙の疑い

  • 創造性を妨害する人間=クレイジーメイカー
  • 内部に抱える敵=自分自身が心の奥で抱いている疑い=暗黙の疑い

創造性を回復させる途中、自分が成功することがさもやましいことであるかのように思い、成功が近づくと逃げ出したくなることがある。

喜ぶチカラを身につける

成功しても失敗しても人生の質はほとんど関係ない。
人生の質は常に喜ぶことができる能力に比例している。

喜ぶ能力を鍛えるには、日常の細部に気を配る・目をやることが大事。
細部を見ることは「癒し」を与えてくれる。

今、この瞬間に意識を向ける

心が傷んでいるときは現在に注意をはらうこと。
(将来が怖くて考えられないとき・過去を思い出すのがつらいとき)

「◯◯だが、今この瞬間は大丈夫。息を吸って、吐いている。」

今週の課題

今週は時間をどう使ったか?

今週行った活動を5つリストアップし、活動時間を書く。やりたかった活動・やらなければならなかった活動を分類する。他人のためにどれだけ時間を費やし、自分の欲求をどれだけ無視したか。

「安全の地図」を作る

紙に円を書き、円のなかに自分が真剣に取り組みたいと思っている課題と、支えてくれそうな人の名前を書き入れる。円の外には距離を置きたいと思っている人の名前を書く。

やっていて楽しいことを20個リストアップする

例)ロッククライミング、ローラースケート、セックス、二度セックスすること…等
書いたリストの横に、最後にやった日付を書く。このリストはアーティスト・デートの参考になる。

リストの中から好んでいるのに避けていたことを2つ選ぶ

選んだ2つを今週の目標にする。自分の楽しみのための時間をもつことが目的。

1週目の課題で書いた「自分を肯定する文章」を読み返す

いちばん惹きつけられた部分はなにか?その部分を毎日数回、モーニングページに書く。うっかり口にする否定的な文章を打ち消す文章も含めると良い。

1週目の課題で書いた「想像上の人生リスト」に5つ加える

今の人生で1つでもできることはあるか?ダンサーならダンス教室に通うなどチャレンジしてみる。

「人生のパイ作り」をする

円を書き6つに分ける。霊性・運動・遊び・仕事・友人・恋愛&冒険というラベルを付ける。次に、6つの人生の領域で自分がどれだけ満たされているかを円グラフにする。(中心に向かうほど低くなる)
それらの点を結べば、自分が何に満足・不満足なのかがわかる。
自分が満たされていないと思っている領域、ほとんど時間を費やしていない領域が明らかになる。

10の小さな変化

自分が「今」引き起こしたい10の変化を重要な順番に書き出す。
文章の形は「私は◯◯がしたい」。

「10の小さな変化」から簡単にできそうなことを実行にうつす

今週、実行する

チェックイン

  • 今週は何日モーニングページをしたか?感想は?
  • 今週のモーニングページはどんなことを書いていると気付いた?(暗い気持ちばかり書いていてもOK!進歩ではなく、今の気分を知るためのもの)
  • アーティストデートをしたか?感想は?
  • 創造性を回復するために重要だと思ったことが他にあったか?
広告を非表示にする