「本当の自信を手に入れる9つのステップ」の記録

Two Girls in the a Rain


「小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ」という本を読みました。

状況次第で折れてしまうようでは本当の自信とはいえない

本当の自信があると自分だけでなくどんな人でも今はこれで良いと周りも温かく肯定することができる。

自分が何を大切にして生きるかを明確にすること、そしてその人生の軸に対するそこはかとない肯定感が重要。

自分が大切にしているあり方と一致した行動がとれたとき、はじめて本当の自信を感じることができる。

成果がなくとも「自分が大切にしているあり方」の通りに振る舞えたと思えれば満足でき、自身が定着していく。

小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ

小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ

「折れない自信」とは

いまの自分の現実を認める自信。

どんな状況でも自分について「今はこれで良いのだ」と受け入れられること。そこはかとない肯定感や安心感。

「折れやすい自信」とは

成果ありきの自信。成果を上げ、認めてもらってはじめて自信を感じる。

逆になにも成果を上げられないと「人として価値がない」と常に他人による評価を気にしてしまう。


「自信がない」とは

「人間として自分の価値が低い」と感じてることを指す。

「自分はこのままでいいのだろうか」「自分には何かが足りないのではないだろうか」「もっと頑張らないとダメな人間だと思われてしまうのではないだろうか」といった本質的な不安

自信がない人の特徴

自分には「成果」を上げることなどできないと考え、たとえ成果が上がっていてもそれを軽視しがちになる。

自分を大切にすることが出来ない

常に他人を優先してしまい「1人ではやれないような大変な仕事を我慢して引き受けてしまう」というパターンを繰り返し病んでしまう。

常に人の目を気にしている

内面に自信がないせいで「外見」を整えることにとりつかれ、自信を「外見」に求めれば求めるほど今の自分に満足できなくなる。

人との距離が一定以上近くなると相手を避けるようになる

本当の自分が見えてしまうと、正体を見破られ相手に嫌われるに違いないと思っている

「やらなければならないこと」にいつも追われている

「できない自分」を極度に責め、自分を追い込んでしまう。自分の楽しみのために時間を使えないでいる。

成果による自信とは

DOの自信 = 成果による自信

「成果」を上げ、人から「評価」してもらえてはじめて「人としての価値」があるように感じる自信。

そのため、なにも成果を上げないと「人として価値がない」と思ってしまう。

成果を上げない自分が許せない

成果を維持するためには常に走り続けなければならない。

どこまでいっても「もっとがんばらないと!」「もっと成果を上げないと!」という焦る気持ちが止まらなくなり苦しむ。

また、何かが「できる」ことから生まれた自信はそれができなくなると折れてしまう。

不安定で壊れやすい自分の価値

この考え方では、成果をあげたところでもっと良い成果をあげられる人が出現すると自分の評価が下がってしまう。

また、同じ成果をあげていても評価者次第で評価が変わるためとても不安定。

「成果」と「自分の価値」を混同させてしまっている。


折れない自信とは

BEの自信 = 自分のあり方についての自信

  • 「〜でありたい」という心の本音・姿勢
  • 自分に対するそこはかとない肯定感や安心感
  • 成果とは関係なく「自分が大切にしたいあり方で生きている」という自分の生きる姿勢・軸を大事にしている様子

できるか・できないかは関係ない

  • たまたま上手くいかなかったとしても「残念!」と思いつつ、また好きな姿勢で生きていけばいい
  • 前の失敗を手放し、見失ってしまったらまた「自分はこういう心で生きていきたい」と捉えて取り戻せばいい


「〜でありたい」という気持ちは「できるかできないか」は別として自分が大切にしたい「人生の基準」となり、その望む姿に沿って行動を選択していくと折れない自信を身に付けることができる。

内的な「あり方」はそのままでは「形」として見えるものではないので、評価の対象になり得ない

本当の自信とは

「自尊心」「自己肯定感」と呼ばれるもの。自分という存在に対する無条件の肯定感。

  • 誰からも評価してもらえなくても、安定した温かい気持ちになれること
  • 「まあ、自分ならなんとかなるだろう」「自分はこれでよいのだ」という自分に対するおおらかな信頼感

自信は「今、ここ」で感じる

たとえ自分の仕事がどう評価されるか不安でも「評価は自分ではどうにもならないから、せめて誠実に向き合いたい」と「あり方」を立て直し、そんな自分によい感じを味わう。できるできないは問題ではない。

「今」を認め、今に集中する

自分はダメだ…と過去に対して自虐的になっていると今に集中できず成長できない。

その時その時で最善の選択をしてきた。人間には限界があり、努力で解決できないこともたくさんある。

「できなくても仕方がない、人間だもの。」
「今はこれでいい。」


現実を受け止め、いまを認め、今できることを淡々とできる範囲で行う。

まずは成果を気にせず、目の前のことに誠実に取り組む。

不安とは安全が確保されていない状況のこと

防衛本能によるものなので感じ、認める。そして「未知なことへの本能的な不安だから仕方がない!」と思えば良い。

ある状況に対して不安を感じるのは、それは安全が確保されていないからであって、自信が足りないわけではない。

不安を減らすコツ

「BE(〜でありたい)」を基準に行動すると、不安を抱きながらも自分の望む姿実行でき、自信が得られる。

(例)「自分を大切にしたい」というあり方を軸に、「自分を大切にできる職場ではない」という判断をし、「転職」をする。

人は心に衝撃を受けたとき、自信を失う

衝撃を受けると自分のダメな部分ばかりみるようになってしまう。

これは防御反応なのであって、本来の人間としての価値が失われたわけではない。

限界と現実を受け入れる

「こんな状況で傷つくのは人間だから仕方がない」

人間にできることには限りがあり「努力すればなんでも達成できる」ということはない

「こういうときにやる気を失うのは、まあ人間だからね」と受け入れる

大切なのは 「今はこれでよい 」という感覚

「できたはずの努力を怠った 」と見るのではなく 、 「あのときはああするしかなかった 」 「今はこれでよい 」と見ることが大切?

全ての事柄にはそれなりの事情があったはずです。今はこれでよいが出発点。

自分の現状にいつもダメ出しをしているようでは 、自信など感じられない

「でもやっぱり今のままではダメなんです 。変わりたいんです 」という方も 、まずは 「今はこれでよい 」ととらえることが大切。

どんな人もいつでもできるだけのことをしている。

その人なりの事情 (能力 、性格 、今までの体験 、都合 、体調など )があって、できないことはできなかった

そのときにもっと努力できなかったのはそのときの事情があったから。

今はこれでよい。これから少しずつがんばっていこう

完璧を手放す

いろいろな限界を持った人間に 「完璧 」はあり得ない

成果は状況によるもの。場合によってはよい 「成果 」が上がらないことがあるかもしれません 。でも 、誠実な仕事ぶりは 、多くの人に理解してもらえるでしょう 。

相手が満足いくような仕事ができるか…という不安

未来の成果は未知なこと。安全が確保されていないから防衛本能で不安を感じるのは人間として当然のこと。

未来の不安にどう向き合うか?

今に集中し、未来の結果を考えないこと。
いま踏み出せる一歩から進んでいく。

相手の反応を想像して不安に襲われる

〜したらどうしよう〜と思われるのではないかというのは自分の頭の中だけの話

そこにでてくる批判しそうな相手も頭の中で想像しているだけにすぎない。

多くのケースにおいて想像よりリアルな相手の方が優しいことが多い

まずはやってみる

思ったより良くなかったらやめる。やり方が合ってないようなら変える。

さっさと見切りをつけることができれば別の分野で活躍する機会が広がるかもしれない。